女の人

イタチ駆除を依頼できる業者の存在|害獣被害を拡大させない為に

住宅から害獣を追い払う

いたち

罠で捕獲するには

イタチが天井裏や床下に住みつくと、走り回ってうるさいだけでなく、糞尿を撒き散らし害虫の発生源になります。また生ゴミを食い散らかしたり、小鳥や小動物などのペットを食害することもあります。こうした被害は、近年では都市部でも増加傾向にあります。イタチは断熱材を剥がして巣を作るため、住宅の資産価値を下げる原因にもなります。イタチ駆除の罠を設置するには、指定された期間内であれば、狩猟免許は必要ありません。ただし狩猟期間でなければ有害鳥獣駆除の許可が必要です。またメスのイタチは狩猟期間内であっても、捕獲が禁止されているので注意してください。イタチ駆除といっても鳥獣保護法があるので、捕獲したら遠くの場所で逃してやります。

追い出した後が大切

イタチ駆除にはフラッシュなどの強い光を浴びせて追い払う方法もあります。簡単な自動発光装置はホームセンターなどでも市販されています。またイタチの嫌う臭いを発する忌避剤も効果を発揮します。ただしいずれの場合も、使用をやめるとイタチが戻ってくる可能性があります。イタチは自分の糞尿がある場所を縄張りと考えるため、追い出した後は綺麗に清掃することが大切です。これは害虫や病原菌による被害を防ぐことにもなります。再び家へ入ってこないよう、侵入口を塞ぐ必要もあります。イタチは3cmほどの隙間があれば侵入できるので、小さな穴も見逃さないようにしなければなりません。被害が大きく対処が難しいときは、イタチ駆除の専門業者に相談すると良いでしょう。

恐ろしい蜂を退治する

蜂

キイロスズメバチの巣を見つけたら、プロに依頼するのがおすすめです。自分で駆除しようと刺されると、痛いだけでなく、アナフィラキシーショックを起こす恐れがあるからです。キイロスズメバチの駆除は、プロの業者を利用する人が増えています。見積もりに納得できてから依頼でき、また24時間受付ている業者もあります。

安全を確保して

蜂から逃げる人

ハチ退治をするには、巣を駆除することが大切で、巣がまだ小さければ業者に依頼することなく、自分で巣を駆除することができます。そして、ハチの習性を知っていれば、安全を確保しながらハチを退治することができます。

確実に駆除するには

作業員

ノミはみつけるとつぶしてしまいがちだが、もしお腹に卵を持ったメスの場合、数百の卵が散らばってしまう恐れがあるので、ノミ駆除はつぶしてはいけない。そこで薬剤駆除が適切なのだ。スプレー材は、人体への影響がほとんどなく手軽に使える。部屋全体をまんべんなく駆除するのであれば、燻煙剤がおすすめである。