安全を確保して|イタチ駆除を依頼できる業者の存在|害獣被害を拡大させない為に
作業者

イタチ駆除を依頼できる業者の存在|害獣被害を拡大させない為に

安全を確保して

蜂から逃げる人

自分でもできる

暖かい時期になると気になってくるのが、ハチの存在です。ハチを目にしただけでヒヤッとしますし、刺されれば死の危険にもさらされてしまう厄介な存在です。ハチを退治するには、住みかになっている巣を除去することが大切です。家や近所に大きな巣がある場合は、専門の業者に駆除を依頼することが望ましいです。しかし、巣がまだ小さい段階なら、自分でハチの巣の駆除ができてしまいます。自分で駆除する際は、衣服やゴーグルなどで身体を防御することは必須です。そして、巣から少し距離をとって、殺虫剤をふんだんにかけます。そして、棒や竿などを駆使して巣を落とします。その後、興奮しているハチが動かなくなった時点で、巣をゴミ袋に入れれば完了です。

習性を理解して

ハチを退治するには、巣の駆除をすることも大事ですが、習性を考慮することも大切です。巣を駆除するにも、行動が活発になる8月から10月にかけては、攻撃性も増すので、自分で駆除するよりも、業者に頼んだ方が安全なのです。また、アシナガバチに比べてスズメバチの攻撃性は非常に強いので、スズメバチの巣も業者に依頼して撤去してもらう方が安全です。それから、アシナガバチは一度巣を撤去されても、再度翌年に同じ場所に巣を作る可能性があるので、撤去後の予防が大事になります。ハチ退治は予防も必須で、巣を作らせなくする専用のスプレーが販売しているので、それらを利用することがおすすめです。習性を知っておくと、ハチ退治を安全に行えます。